難しいraidのデータ復旧~実績のある業者なら対応可能~

通常のデータ復旧との相違~重要データは実績のある業者に任せる~

修理

raidによって構成されたHDDに何らかのトラブルが起きた場合、基本的には通常のHDDと同様のデータ復旧作業が行なわれます。HDDで起こるトラブルと、raidならではのデータ復旧作業とはどのようなものでしょうか。

故障の種類

論理障害
論理障害とは、HDD自体に問題がない状態で、データの読み取りができなくなる場合を指していいます。シャットダウンせずに電源を抜いてしまうことや、アクセス中にケーブルが抜けてしまうことなどにより、データファイルにノイズが発生してしまいます。このようなノイズによるプログラムの破損が起きてしまうと、データを正しく読み取ることができなくなってしまうのです。また、コンピューターウィルスに感染することでもこうしたデータの破損が起きてしまうため、論理障害としてパソコンを正常に作動させられなくなります。他にも、入力ミスによってデータの初期化やファイルの消去を行なうことでも、データの呼び出しができなくなる場合があります。
物理障害
物理障害は、論理障害とは異なりHDD自体に何らかのダメージが与えられることで、データの読み取りができなくなる状態です。HDD自体が破損する原因は複数あり、地震や火災による災害でパソコン本体ごと壊れることや、静電気や強力な磁気を浴びたことで故障すること、さらに太陽光や結露なども原因になる場合があります。また、HDD製品への過負荷や経年劣化でも現れるため、安全に保管していても、長年使い続けることで故障してしまうことがあるのです。論理障害とは異なり、物理障害によるデータの破損は復旧が非常に難しいので、物理障害が起きた場合はデータ復旧を行なう専門の業者に依頼する必要があります。

raidが普通のデータ復旧と異なる点

raidタイプのHDDが障害を起こした場合、「raid情報」が破損していないかどうかが重要となります。このraid情報とは、raidのシステムの特徴である、複数のHDDを連携させて一括でのデータの保存・読み込みを行なうための情報です。このraid情報が破損していると、各HDDに保存されていたデータの読み込みができなくなってしまうため、データ復旧ができなくなります。raid情報の復旧には特殊な技術や知識が必要となります。日本データテクノロジーのようなraidのデータ復旧を多く手がける業者なら、raidに保管したデータもしっかり復旧してくれるでしょう。

重要データのバックアップを残す~壊れた場合はデータ復旧を依頼~

raidのシステムは、現在さまざまなパソコンのHDDに用いられています。その背景として、データの重要性が上がったことが挙げられるでしょう。

重要データの扱い方が変化した

raidが普及した理由は、「扱うデータ量の増加」と「データ保全性の重視」の2つが挙げられます。今までは情報の記録などは紙の資料によって行われましたが、パソコンの普及によって徐々に資料の電子化が進み、多くの情報がパソコンのHDDへと記録されるようになりました。また、最近ではスケジュール管理や勤怠管理、伝票の発行管理やナレッジ共有などを一括にまとめた「グループウェア」化が進んでいるため、HDDに膨大な情報を処理できる能力が求められているのです。raidの利点は、複数のHDDを分散利用することで大容量のデータを管理できることです。パソコンを使った処理が増えている昨今の状況に、raidのシステムは活用できるのです。また、raidは複数のHDDへ情報を分散できるので、障害にも強いという特徴があります。企業の内部統制が義務化された昨今では、さまざまな企業が自社データの保管を行なっています。障害に強いraidであれば、HDDトラブルによって重要なデータを消失してしまうリスクを下げられるため、多くの企業に導入されているのです。 raidはデータ保管に優れているという長所がありますが、あまりその点を過信し過ぎるのも問題となります。raidに頼り切り、バックアップを取らなかったことで、思わぬ問題に直面してしまったという事例もあるのです。

データ復旧業者が語るバックアップの重要性

raidであってもバックアップは大切(データ復旧業者)

raidはレベルごとに特徴が異なります。特に「raid1」は、同一情報を複数のHDDに記録させられる「ミラーリング」により、物理障害への耐性が高いシステムなのです。以前弊社にデータ復旧をご依頼くださったお客さんの中には、「raid1のHDDなのに障害が起きるのはおかしい」とおっしゃる方がいらっしゃいました。確かにraid1は物理障害には強いのですが、システム異常による論理障害には脆弱性があります。raidのシステムはデータを100パーセント安全に守るとはいい切れません。重要なデータであれば、どのようなシステムを利用していても、必ず外付けHDDや外部サーバーなどへデータのバックアップを取るようにしましょう。

raidによるデータ保管は必ずしも安全とはいい切れません。重要データを安全に保管するには、一体どのような方法があるのでしょうか。

複数のメディアで保存する

データのバックアップを行なう方法としてメジャーなのは、外付けHDDやクラウドなどの外部サーバーの利用です。外付けHDDは容量も大きく、自分で保管ができることから手軽なバックアップ用メディアとして利用されています。また、外部サーバーを利用したクラウドシステムは、社外へデータを保管できることでの安全性や情報管理のしやすさなどの利点により、多くの人に注目されている方法なのです。しかし、これらのメディアを使ったバックアップ方法も、100パーセントの安全性を保証するものではありません。外付けHDDは部品数も多く、HDD自体の物理的脆弱性もあることから、故障しやすいことが難点となります。クラウドシステムの場合ですと、オンライン上で情報のやり取りをするわけですから、クラッカーによる不正アクセスや標的型攻撃によって情報が漏洩してしまうリスクもあるのです。DVDやブルーレイに情報を記録する方法もありますが、経年劣化によって情報が読み取れなくなる場合もあるので、こちらも安全とはいい難いものとなります。記録メディアにはそれぞれ難点がありますが、複数のメディアにデータを記録することで、単一メディアを使っての故障リスクを避けることができます。外付けHDDと外部サーバーの2つをバックアップとして利用することや、外部サーバーとDVDの2つを利用することで、もしもの事態に備えることができるでしょう。

重要データは最新の状態で残す

データのバックアップを行なう方法として、便利なのがNASを使った方法です。このNASは、別称としてネットワークHDDとも呼ばれ、USBによる接続やオンライン上からデータの記録ができます。NASの長所は、こちらが操作をせずとも定期的に自動でデータのバックアップを取ってくれることでしょう。バックアップを行なうことの手間が省ける上、うっかりバックアップを取ることを忘れていた場合にも安心できます。しかし、このNASも機能に頼り切ってしまうとさまざまな問題が生じます。自動でのバックアップを行なうため、NASが故障したとしても使用する人が気づきにくく、故障によってバックアップができずデータを消失してしまうこともあるのです。外付けHDDなど複数の記録メディアを活用することや、故障に強いraid対応型のNASを利用することで、データ消失のリスクを回避できます。

まとめ

どのような記録メディアを用いたとしても、論理・物理障害によってデータを失ってしまうリスクは避けられません。重要なデータを失ってしまった場合は、慌てずに日本データテクノロジーなどの専門の業者に任せるとよいでしょう。

TOPボタン